レーザー脱毛は生理中は避けるべき

バナー

レーザー脱毛は生理中は避けるべき

脱毛したい部分に光を照射するだけで簡単に脱毛できるのがレーザー脱毛です。照射の際に輪ゴムで弾くような痛みを伴うことがありますが、肌にダメージを与えるカミソリや毛抜きに比べて圧倒的に肌への負担は減りましたし、永久脱毛も可能になったのです。

そんなレーザー脱毛、照射するだけとお手入れ方法は簡単ですが、黒い色の毛根を熱ダメージでやっつけて行くイメージなので、その際に肌内部は軽いやけど状態になります。
そのため照射後に体を温める行為は禁止されていますが、実はそれ以外にも注意点があります。



それは生理中の施術です。

生理中はホルモンバランスが乱れ、肌が敏感になる女性が多いのです。
生理前にイライラしたり甘いものが無性に食べたくなった経験がある方が多いでしょうが、それと同じでホルモンバランスの乱れによって生理中は肌が敏感になることが多いのです。


いつもなら何でもないレーザー脱毛が、生理中に受けることで炎症を起こしたり、痒みが出たりなど何らかのトラブルが起こる可能性が高いのです。

ただ、これは全てのケースに当てはまるわけではなく、生理中に照射しでも何の問題もない方もおられます。


ただ、ここで勘違いして欲しくないのは生理中の施術を承認しているわけではないことです。

大丈夫な人もいれば、そうでない人も多いのです。

自分は大丈夫と思って生理中に施術を受けたら、その後に炎症を起こした話はよく耳にします。



美肌のために脱毛したのに、炎症を起こして痕が残っては逆効果です。そうならないために生理中の施術は避けるべきなのです。